読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

怒れない人たち

通勤生活始めてから、毎週土日にブログを書くサイクル。平日にも書けるくらい体力?気力?残しておきたい、しかし叶わず、ついに土日にも書けなかった・・・。

 

そんなこんなで先週末に下書きした記事を電車の中で書き上げています。私のわかりやすい症状について。

 

↓ 前回の記事から抜粋します。

私は、通勤電車、パソコン、寒さ、暇、拘束時間長すぎ、だから嫌だ ということになんだけれども、本当にそうなのか?

 

よくよく心にきいてみると、

金曜日、私は職場の先輩にちょっと怒っていたようなのです。その日は所属チームが急に忙しく、新人の私にかまっている暇はない状態。私もなるべくお手伝いしようと取り組んだけれども、うまくいかず。多忙のせいでそっけない対応の先輩について、その時は「忙しいから仕方ない、むしろ協力できなくてごめんなさい」くらいの気持ちでいた。でも肚の中では怒りがあって、でもその怒りをなかったことにさせていたから、別のところへ様々に反射して「もういろいろと嫌だ、無理><」という気持ちになってしまった...らしい。 

うまく協力できなかった時に、ちゃんと自分の怒りに気付けていれば・・・

こういうとき、あーまだ私トラウマちゃんだわ。って感じるんだよなあ〜 はあ。まあ一歩一歩だよね。。今日このブログ書いたら、またトラウマ治療(FAP心理カウンセリング)を受けてきます。

2週目、早くも通勤生活に嫌気がさした - しきたんの自由なブログ

 

この記事書いたあとに受けてきたカウンセリングで知ったことがたいへん面白かったので、一部内容をこちらにも書いておきます。

 

私のこの症状、まさにトラウマちゃんだったらしい。
(トラウマちゃん:幼少期の生育環境による歪み(トラウマ)により厄介な目にあっている人、とでも言えば良いのかな。ちなみにトラウマと言うものは本人の記憶には残っていないらしい。で、ほとんどすべての人がなんらかのトラウマは持っている。ただし本人が困ってないことがほとんどなので、困ってる自覚のある人がトラウマちゃん、と言う感じに私は思っています)

 
見捨てられ不安
 
私には根強い「見捨てられ不安」があるようです。
 
ちなみにこれは私に限った話ではなく、今受けているFAP心理カウンセリング(トラウマ治療)とは、
 
フリーフロムアンクシャ
FAP: Free from Anxious Program
 
まさにこの見捨てられ不安からの脱却を目的にした治療法ということです。
 
 
私の見捨てられ不安が分かったのは、上記抜粋の出来事の際、私が感じていた気持ちについて心にきいて、返ってきた言葉から。
 
心よ、チームのみんなのタスクを少しでもお手伝いしようとしているとき、先輩のそっけない対応を受けた私は…
どんな気持ちだった? 
 
 
 
「 置いていかないで 」
 
 
という、小さな心細そうな感覚が返ってきました。
 
 
これ聞くと、
確かに、というか、まさにこれ「見捨てられ不安」じゃないかー! って思いました。
 
f:id:studio_pikake:20170130185901j:image
 
私は、やばい!先輩に見捨てられる!チームのみんなに見捨てられる!と感じ、見捨てないで、置いていかないでと思ったようなのです。
 
ようなのです、というのはその時はそのことがリアルタイムでわかりません。その不安により巻き起こる感情の波に飲まれてしまっているので…
 
 
その感情とは「怒り」。
 
「感じなくていい怒りを感じさせられてしまう」
 
そして
 
「その怒りを表現させてもらえない」
 
この2つが特徴的だというのです。
 
これも、まさにどんぴしゃ、
私が陥ったことでした。
 
 
要らぬ怒りを感じ、
しかも、その怒りを表現できない…
 
 
先輩からそっけない対応を受けようと、ああ忙しいのね大変ね、と受け流せるはずのところを(実際私は言動として態度として、意識の上でも大人対応してますが、心の奥底では)、なんで私が頑張っているのにこっちを向いてくれないの、ちょっと待ってよ、置いていかないで、、私だけこんな一人相撲してなんて恥ずかしい!くそー!
みたいな、感じなくて良いはずの怒りが胸に静かに溜まっていく。
 
しかも、その怒りは自分にも誰にも気付かれることなく、虚しく自分自身を燃やして、焦がして、なんとか、勝手に鎮火する。
 
 
結果、
なんかよくわからないけど、もういやだ、疲れた、もうやりたくない、私はやっぱり無理だ、そういうことになってしまう。
 
 
 
不安からの根本的な脱却。
 
それがない限りは、
不安の火種がいつまでも復活し、私を不安に陥し入れ、怒りを引き起こし、不快感で体を消耗させられてしまう。

 

本来、私はこんな理不尽に感情を揺り動かされて体力気力を消耗しなくて良いはずなのです。
 
 
(ため息)
 
 
まだトラウマで消耗してるの?
 
 
って感じだな。
 
 
 
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ…
 
 
 
 
でも、焦らない焦らない。
このわかりやすい不安症状が自覚できたのも治療が進んでる証拠かな?と思いつつ、引き続き淡々とやっていきます。
 

 

タイトルはFAP療法大嶋信頼先生のブログへのオマージュ。
 
↓私が受けているカウンセリング。
私はここの受付スタッフでもあります。