読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

女同士だから結婚してないけど「結婚したら二宮に住もう」に掲載されました!(笑)

LGBT プチ移住(二宮) メディア掲載

私たちがプチ移住を考えていたとき、最初に検索にひっかかった、妙にアツいサイトがありました。

↓ ↓ ↓

結婚したら二宮に住もう!

 

妙に具体的なタイトル。笑

特に「移住家族の声」のリアルな充実っぷり半端ない!

へ〜 この町、いろんな人が移り住んでる!(推定20代〜40代)

 

 

 

そのサイトに、ありがたくもご縁をいただいて、移住後2ヶ月目にして載せてもらっちゃいました〜☆

法的には結婚してないけどね、パートナーシップ証明書とかもないけど!

そういうの抜きにさらっと"移住家族"として掲載されるの、気持ちいいですね〜。

 

(他にも結婚したわけじゃない人も載ってたり。要するにこの「結婚したら」のタイトルはたぶん高レベルなマーケティング手法なんですが、でもなんとなく嬉しい。)

 

 

▼この、Vol.17です。

 

f:id:studio_pikake:20151127204312j:plain

 

 

(以下抜粋)

二宮には余白があります。もっともっと、新しいこと、新しい出会いを生み出せる。

 

二宮の方は「二宮には何もない」とおっしゃいますが、「“何もない” がある」のだと私は思っています。もちろんここには素敵な人や自然、美味しいお店があります。でも、駅前を見ても、確かに「何もないなー」という感覚もまたあって、それが今の私にとっては最も魅力的。創造欲求をかきたてられます。

 

やっぱり、ひいひい言いながら東京にへばりつくのを辞めて、本当に良かった。(笑)東京はモノも人もサービスも過剰で、どうしても消費的になります。クリエイティブな人が多そうに見えますが、実はクリエイティブに生きることは最も難しい場所だったのかもしれません。

 

なお、私たちは女性同士のパートナーシップなので男女の夫婦のように自然に子どもは生まれませんが、なんらかの形で子どもを授かり、この町で子育てするのも夢のひとつです。

 

 

( そろそろ東京からちょっと離れたい・・・ )

と密かに思っている方は、ちょっと移住家族の声ページへ飛んでみましょう☆

子育てのことも、東京へ通勤してる人も、二宮で開業した人も、岩手で仕事して拠点居住してる人も、いろんな人が載ってます。

 

こんな記事も書きました。

コンパクトシティなのですぐ周れちゃいます。海と山を一気に満喫できるコース!

studio-pikake.hatenablog.com

 

 

二宮、適度に自然で適度に便利で、いいとこですよ〜 

プチ移住先に、ぜひご検討ください。

 

 

マハロ!

 

 

☆◝( •௰• )◜☆ 気軽にご連絡ください ☆◝( •௰• )◜☆

しきたん / 原口色(Shiki Haraguchi)

Facebookhttps://www.facebook.com/shiki.haraguchi
Twitterhttps://twitter.com/00shiki00
mail :00shikitan00@gmail.com
Schedule :https://goo.gl/HJWjH7

 

↓ しきたんの詳しいプロフィールはこちら ↓

studio-pikake.hatenablog.com