読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

「この人すごい!」を連発するイタさ。

こんにちは。イタい村出身しきたんです。

 

 (最初に名乗ることにしました。いつまで続くかわからないけど〜) 

 

 

Twitterでよく見かける「この人すごい!」「さすがです」的なツイートって、なんかイタくないですか? Twitterだけじゃないけど。

 

私自身「この人すごい!」ってめっちゃ言うんですよね。笑

別に全然言っても構わないんだけど、

あんまり言うとイタい感じになってくるなってことに気づきました。

 

 

 

 

「この人すごい!」発言がイタいのは、

その人の自信のなさが垣間見えてしまうから。

 

f:id:studio_pikake:20160305102727j:plain

 

「すごい」を発現させるには「すごくない」何かあることが絶対に必要です。

全部「普通」だったら「すごい」は出てこないですよね?

 

 

一体誰と比べてすごい、と思ったんでしょうか?

もしや、自分自身と比べていたのでは・・・?

 

「この自分と比べて、◯◯さんは超すごい!」

 

いやいや、いわゆる「一般人」と比べてたんだよ〜、という場合も

自分を一般人のカテゴリに入れていたら、同じこと。

 

 

あの人すごい〜!

この人すごい〜!

って連呼してる人を見て、なんかイタいな・・・、と思うのは

その人の隠しても隠しきれない自信のなさを

目撃してしまうからなんではなかろうか、と思うのです。

 

 

「私はすごくない」のサブリミナル効果

 

f:id:studio_pikake:20160305103858p:plain

(画像:http://ri-mode.com/photos/red_seesaw/

 

私だったら、たとえば・・・

イケダハヤトさんすごい!(それに比べて私はすごくない)

厚切りジェイソンすごい!(それに比べて私はすごくない)

 

こういうことになります。 

こんなにはっきりと意識してるわけじゃないですよ、全然。(笑)

 

でも彼らの記事を読んで、ああすごいなあ!と思うと、

どこかほんの少ーし胸の中が寒々しい感じがする。

 

相手をあげると自分が自動的に下がっちゃう、シーソーみたいな、つまり相対的な物差しを私が胸の中に隠し持っているからなのだ、と思います。

 

その記事を読む前に「私はすごくない」って思ってたわけじゃないのに、

誰かの何かを褒めた途端にそのシーソーが動いてしまう。

このシーソーは「価値」「肯定感」などと言い換えてもいいかもしれない。

それが、勝手にするーっと下がってしまう。

 

これに気づいた時は、

サブリミナル的な逆アファメーションじゃん!って戦慄しましたね・・・。

 

わかりづらい表現でごめんなさい。

アファメーションというのはご存知の方も多いとは思いますが、こういうことです。

これの逆じゃないか、自分を否定する言葉じゃないか、と思った。というわけです。

アファメーションとは、自分を肯定する言葉です。自分を大切にする言葉です。自分を愛する言葉です。自分を心からサポートする言葉です。自分の人間性を前向きに受けとめ、新しいことを学び、よりよい人間へと成長するよう勇気づける言葉です。

(引用:http://www.iff.co.jp/nishio/affirmation.html

 

たとえば、以下は西尾和美さんのアファメーション文例です。

毎朝出社前にマクドナルド恵比寿店でこれ読んでた時期があって、懐かしい。

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)

 

 

つまり、「この人すごい!」を連発するということは

自己否定的な言葉を何度も何度も(無意識に)自分に語りかけているのでは??

 

 

 

他人を褒めたら、自分のことも褒めること

 

f:id:studio_pikake:20160305104416p:plain

 

「「すごい」っていうのは、自分の場合、絶対的な意味で言ってるんだよ!

だから別に自分をすごくないって言ってるわけじゃないよ」

と、思い込もうとしてもなかなか難しいところがあります。

 

 

だから、

「この人すごい!」と思った直後に、

「私もすごいよ」と思う。

 

これがいいんじゃないかと思って、

私は思い出したら思うようにしています。

 

何をやっているかというと、物差しを増やしてるわけです。

1つのシーソーだったら、どちらかが上がってどちらかが下がるしかないですが、

何個もシーソーがあるのなら、つまり違うシーソーに乗っていれば、

自分が自動的に下がってしまう現象からは解放されます。

 

 

それこそイタいじゃねーか。

自分で自分をすごいって言うだって?

 

って人から思れるのかもしれないけど、私はそうは思わない。

自信ない自分に嘘付きながら「自信あるし」っていうより

「自信ないけど自信持ちたい」って思って行動したほうが気持ちいいよね。

 

 

マハロ!