読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

ここは桃源郷なのだろうか。1週間派遣社員してみて思ったこと

派遣で働き始めて1週間が経ちました。

 

私のこの先しばらくのイメージは、(平日昼間)派遣社員・(主に平日夜)ダンス習う・(主に土日)リベレスタの3部構成。1週間目、まずは派遣社員を一生懸命やるぞと決めて過ごしてみた感想を書いておこうと思います。

  

ここは、いったい...桃源郷なのだろうか

私が派遣された(というかエントリーして受け入れていただいた)のは、大手メーカー企業。グローバルな事業展開で社内には外国人の姿もたくさん。ダイバーシティ推進の言葉に偽りはなく、驚くほど多くの女性管理職が活躍している。福利厚生もバッチリ。しかもマーケティングの上流工程の部署。大学で一応マーケティング系ゼミに所属していた身の感覚で言うと(大昔の感覚を引っ張り出したw)喉から手が出るほどのポジションで鮮やかに活躍されている方々が群雄割拠する場...!

 

私にとっては非常に新鮮で、映画の中に迷い込んだような感覚。営業として訪問したことはあるけど、まさかこういう場所に派遣とはいえ勤務するなんて。。

 

オフィスがめちゃくちゃ広くて、綺麗。(一人一人の割り当ても広く、前の人との間についたてまである)天井が高い。社員の皆さんの人柄は親しみやすく穏やかで、仕事にはパッションを持ちながらもそれぞれの生活・人生を楽しんでいらっしゃる様子。ちなみに社食も素晴らしくて完璧なバリエーションと美味しさが大人数のシェフによって提供されている。就業1時間前には、早く帰れるように準備しましょうね、という社内アナウンスまである。

 

私の業務内容はというと、ほとんど裁量というものはなくて、やり方は全て決まっている。マニュアルや説明を聞いて理解をし、なるべく正確にこなせればOK。(おそらく業務量は繁忙期以外は多くなさそう。。)

 

サポートしてくださる親切な先輩がいて、少しずつ慣れていけばいいからね、と言われる。そもそも最初の1週間は私は職場環境に慣れる為に通っていたようなもので、マニュアルを読んで業務のレクチャーを受け、それを自分で整理して理解を深めていたというのがほとんど。

 

え、これで時給出るんだ。。私この1週間雑用も含めてお役立ち系のことは何もしてないんですけど。。(シュレッダー作業もアウトソーシングだし、ここにはなぜか雑用というものが無いようです(汗))ありがたい。。これからなる早で繁忙期とか戦力になれるようにがんばります。。汗 って思っちゃいますよ。

 

いきなり「はい、これよろしくね」とマニュアルと意味不明なエクセルとか渡されたらどうしよう、自分のスキルで対応できない業務が降ってきたら気合いで頑張るしかない!!くらいの覚悟で来たので、本当に驚きが隠せない1週間でありました。

 

これが本当のホワイトってやつか。

(超ホワイトカラーの)超ホワイトな環境。

 

世の中にはこんな環境で働いている人がいるんですね。派遣先の上長が最初に「ここから先はブラックですよ〜」なんてジョークを飛ばしてたけど、あれが言えるのは完璧にホワイトだからだったのだ...

 

  

ここにまた「戻ってきた」?

社員の方に、ここに来る前どんなことしてたの?と聞かれ、答えた自分の言葉に妙に自分も納得感を覚えました。

 

「好きなことしてフラフラしてました、で、貯金も尽きたしそろそろ働くか〜って思ってきたんですよ。(笑)」(フランクな会話だったのでさらっと言ってしまった)

「え〜 最高じゃないそれ〜!いいですねえ〜!海外旅行とか?」

 

そんな感じで普通に会話したものの、、

そうか、私はフラフラしてまたここに戻ってきたのか。

会社で働いて給料をもらう生活に...。

 

それが良い、悪い、という判断軸を今の私は持ち合わせていない。今だって会社に勤めず個人で生きて行けるものならそうしたいわと思ってるけど、でも、できなかったし、もう少しその辺りはペンディングしておこうと思う。

仮に会社を主人、従業員を奴隷と考えるならば、私は最高の奴隷にさせてもらった感があって。給料こそ正社員基準では低いけど、手っ取り早く気軽に働きたかった私には諸々含めて最上レベル。ラッキー以外の何物でもないな、と思っています。

 

私って意外に単純なんだなと思ったこと

上記のような非常なスロースタートだったので、正直時間を持てあまし、とにかく何かやろうということで、教えてもらったことの情報整理などにひたすら時間を費やしていて・・・ 

そんなある時一緒に業務を処理させてもらえることがあったり、単純だけど期限の決まっているタスクを任されたり。その時が一番私は働いていて楽、というかもはや楽しかった。暇なのは辛い、と話に聞くことはあっても体験したのは初めて。。もともとすごく興味があったわけではない仕事でも暇でいるよりもずっと楽しく勤められるんだ、というのはこれまた新鮮な驚き。楽しい気持ち、充実感ってこんなに簡単に作れちゃうのか。好きなことをやっているから楽しい、ではないんだ、気持ちの持ちようでこんなに楽しく過ごすことができてしまう。

 

ザ・やりたい仕事じゃなかったはずの業務でも、面白くなっていくし、やらせてください!と思ってしまうことにはある種のあっけなさを感じたり。これから業務を一つ一つ攻略していく楽しさもあるし、居心地は良いし、うーん、やばいなー、この桃源郷、完全にハマってしまうかもしれない...!(笑)

 

どこかしら変わったのかもしれない

自分の所属するお金の流れとしては、企業奴隷に戻ったとも言えるけど。2年前会社を辞めた頃と比べて、やっぱり私はどこかしら変わったのかもしれない。

 

そもそも会社にまた勤めるということを受け入れられたし、まだ暇で辛い時はあれど、会社ライフも楽しく感じる。人間関係的な辛さが今の所全くない。そりゃ始まったばかりだから当たり前とも思うけれども、以前はもっと「(恩に)報いなくちゃ申し訳ない」「好かれなくちゃ」「積極的にならなくちゃ」が多かったように思うのです。

 

前の職場だって、私の精神状態がもっと良ければ会社に勤めながら別の活動をすることも出来たのかもしれない。それでも私は一度すべてひっくり返さずにはいられなかった。以前も私は19時くらいには退社していたものの、会社で働きながら土日と夜で別の活動を、、という生活は到底できるとは思えなかった。昼でエネルギーを使い果たしていて、その後何かやる、という気力もなかったし、その前にやりたいことを感じる余力もなかった。会社を出たら自分を癒して癒し終わったらまた会社、という状態だった。

 

来週、ダンススタジオに見学に行ってみようと思ってます。

私に平日の会社&ダンス二本立て生活は本当に可能なのか!? 

私自身も含めて、乞うご期待。

 

 

ちなみに今後も引き続きFAPカウンセリングを受け続けていきます!

無意識さんパワーでじわじわ変わってくのかな〜!?楽しみです。

 

 

(開いていただいた歓迎ランチの写真より。史上最強のサラダでした。幸せ。。)

f:id:studio_pikake:20170115205824j:plain

 

 

〜リベレスタのお知らせ〜

「心にきく」をマスターする!ワークショップ

2017/1/28(土)13:00-17:00@小田原駅(徒歩2分)

心理療法FAPカウンセリング&個人セッション

受付時間:土/日/月/火/水(13〜17時)<ホームページ