読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

どうしたら私は「私の自力」を捨てられるんだろう?

イベント企画 心にきく 自由な旅の途中
はろー、しきたんです。
湘南Poppingcafeのサイトができましたーーー!!!

 

さて、最近きづいたこと。
 
私は私の自力を捨てられなくて苦しんできた、と思ってる。
こうやってもああやっても結局私は変わらないじゃん!て。
しかしそういえば・・・
最近それがあんまりない(あるけど、あーまたこうなってるってわかるかんじ)
力が抜けてきた・・・のか?
 

そんな気持ちと、今までのことを重ねながら

湘南PoppingcafeのサイトにあらためてMyStoryとして書いてみました。

 

 

 

どうしたら私は「私の自力」を捨てられるんだろう?

 

f:id:studio_pikake:20160729142730j:plain 

 

小さな頃から自己否定に自己犠牲を繰り返して
 
自分の意思も感情もやりたいことも、いつのまにかどこかに行ってた。
 
人の役に立たなければ、自分の存在価値はない
 
だから人のために生きてきた。
 
親に従い、会社に従い、みんなの期待に従って生きていきた。
 
 
そんな中で今のパートナーに出会って、人生が変わる。
 
彼女と向き合う中で、私は私自身のことを見つめ直し、
 
自分を好きになりたい、もっと自由に生きたいと願うようになって
 
平凡な日々を人並みに楽しめるようにはなったけど・・・
 
 
それでも、人の役に立たなければ、自分の存在価値はない
 
その思い込みはなかなか取れない。
 
自分に「そんなことないよ」って言い聞かせても、
 
カウンセリングにも通ったけど
 
根本的な行動パターンが変わらない。
 
もう自分の意識の力だけじゃ、ここから先に行けない。
 
 
 
あるとき「心にきく」という
自分の無意識との対話方法をパートナーに教えてもらう。
 
自分も感知していない無意識領域に、実は全ての答えがあるのだという。
 
本当に私がしたいこと、いやなこと、いまやると良いこと、
 
など、心にきくとたしかに教えてくれる。
 
私が考えていなかったことばかりで、戸惑うことも多かったけど
ともあれ、私の思考回路の回転をいったんとめて、心に従ってみる。
 
 
私の思考回路は、臆病で、保守的で、
本当の意味では私の自由な人生のために動いていないことがわかった。
 
私が「私の考え」として意識できるのは氷山の一角にすぎない。
 
あとは全部水面下に埋もれている無意識領域。
その無意識領域にこそ、人の本質、可能性、本来のその人自身は隠れているという。
 
ちなみに、今の私があるのはパートナーに出会ったとき
彼女がその時見えていた私の姿ではなくて
まだ見えない姿も含めて信じてくれたから。
 
だから私も、まだ見えないみんなの本質を見つめて、信じたい。
 
 
 

まずは、8月の7日(日)と17日(水)。
  
お茶しながらゆっくりして、
考えるのいったんやめて、
感じることで、迷いが吹っ切れる
そんな時間になる、はずです。 
 
パンケーキ屋さんか、スコーンでティータイムか
湘南テラスモールか、小さなカフェか。
迷う・・・(そういう時も心にきいて決めちゃう。笑)
 
いまのとこ7日は2名参加、17日はまだ私ひとり。
気軽に連絡くださーい。
(申し込みフォームでもメール<00shikitan00@gmail.com>でもOK) 
 

popping-cafe.strikingly.com

  

 
  ↓こちらから選ぶ可能性大
OZmagazine (オズマガジン) 2016年 08月号 [雑誌]

OZmagazine (オズマガジン) 2016年 08月号 [雑誌]

 

 

 

マハロ!