読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

こころ読んじゃう?こころ呼んじゃう!? COCOLO46-BAR 7/4 レポート

イベント企画 リベレスタ 心にきく

はろー、しきたんです。

 

もう10日ばかり経っちゃったけど、このブログでも告知した

COCOLO46-BARというイベントレポートお送りします☆ 

 

2016/7/4 NEWMOON 19:00 @SHIBUYA

私たちもいれて16名。

夜の渋谷のとあるレンタルスペースにぼちぼち集合。

 

ほとんどはリベレスタの心にきくワークショップの参加者さん。

それから、私たちの友人、そのご紹介の方々。

このブログの読者の方も♡

 

参加者の方の差し入れのお洒落でヘルシーなサンドイッチ

私の注文したジャンキーデリシャスなドミノピザが主食。

  

みんなでこころよんじゃう!

これ、何かのテレビ番組でしたっけ?

ってくらいエンタメ要素モリモリで盛り上がった(想像以上!)

 

 こんな流れ。

 

1、全員で輪になって座って「知りたいこと」「気になること」がある人が挙手

2、その人が「知りたいこと」「気になること」をみんなに話す

3、みんなで、そのことについて心にきく

  (そのとき、ファシリテーターが心にきく質問を場全体に投げかける)

4、心からのアンサーをキャッチした人は場に共有していく

5、質問をもっと重ねていく

 

これ、こんなに大人数でやったの初めてだったんだけど

なにやら占い?メンタリストショー? みたいで

見てて超面白かったのよ。

ファニーじゃなくてインタレスティングのほうね。

思いがけないアンサー、ヒント、ビジョン、が次々出てきて。

 

え、まじ!?

 

そっち?

 

うん、私も同じ答えだった

 

私はちょっと違う表現だけど、もしかして意味は同じかも・・・

 

なにを表しているのかわからないけど、こんなイメージが見えたよ!

 

うん、やっぱりそれやらなくていいって言ってるよ!

 

そうなんだ・・・ うーん、そうなのかぁ・・・

 

じゃ、もうちょっと別の方向から質問してみようか

 

 

そんな具合で、相談者、ファシリテーター(質問を場に投げかける)

場の参加者、そして心 が全員総参加でストーリーを紡いでいく、追っていく。

 

相談者本人は自分のことだから手放しで面白いというより

新たな発見、気づきがバコバコ現れる、というかんじ。

 

仕事で迷ってること

会社をやめてこれからなにしたらいいか

恋愛のこと

などなど

 

恋愛についての回では

「心よ、この人とはうまくいかないんですか?」

ってど真ん中聞いたりもしたからかなり刺激的だったなぁ・・・。

 

じゃ、次の方〜♪

って感じで、合計5人くらいから話題をもらって

みんなで心に聞きまくったのでした。

 

f:id:studio_pikake:20160715151923j:image

ちなみに「心にきく」とは

普段アクセスしない無意識領域に積極的に接触を試みる方法のひとつ。

「意識は氷山のほんの一角で、無意識はその下にでっかく広がっています」

みたいなこと聞いたことない?

そのでっかい広がりには相当の情報量があって

実はそこでは全て分かっているのだということが

心理学的にも分かってきているらしい。

 

↓やり方はこちら〜

liberesta.hateblo.jp

 

 

 

コンタクトインプロ。

となりの人と、溶け合う感覚 

 

心をたくさん使ったあとは

体をたくさん使ってね、  

こんなことをやりました。

 

1、みんなで輪になって立つ

2、みんなでゆっくり呼吸を合わせる(一緒のタイミングで深呼吸をする)

3、ペアになって、かならずお互いの体のどこかが触れている状態で

  お互いの動き、呼吸にあわせて動く

4、ペアチェンジをしたり、4名、6名、12名・・・融合していく

 

目を閉じてと言われたわけでもないのに

自然と目を閉じ気味、半眼になるのね。

(目を開けてやる、というパターンもあるらしいけど)

意識はあるんだけど、変性意識みたいな感じだったのかなあ

 

ペアで動くのは、最初一瞬緊張したけど、

慣れるとふわ〜 って楽になっていく。

体重をかけあって、息をきいて、相手の存在を感じる

と同時にそれを自分の存在でもあって 流動的な何かになっている。

 

この感覚は・・・そう、やっぱりセックスと似てる。

コンタクトインプロは体に触れるけど服はきてるし

腕を掴むとかどこかを意図的に触るなんていうことはしなんだけど、

自分とその相手との境界、相手の中を感じたり

相手に自分の中を見せる、委ねる、そういう感覚を感じたり。

人と人は、どっちが主導権握るとかじゃないんだなあ。

 

人数が多くなっていくと、人の、なんだろ、エネルギー?

がたくさんありすぎ、交じりすぎ、で何が何だかもうわかんない状態

一人一人が銀河系みたい。

 

実紅が、コンタクトインプロ中にちょっと目を開けて顔を上げたんだって。

そしたらビルの外からぎょっとしたような目で見られていたとか・・・!

 

2階で、ガラス張りで、夜中にカーテンもなしに電気つけてやってましたからね。

しかも間接照明。

いや〜 怪しかったね!(笑)

またこういう機会があれば、気をつけます。(笑)

 

新鮮で、それでいて懐かしくて安心する、

とても豊かな時間だった。

 

 

このワークは、 presented by アリー!!

 

「WE」という、宇宙人アリーからのメッセージが

自由奔放で、ほんとのことむき出しで、超すてき。超ラブ。

ぜひ一度前書きだけでも、読んでみて。

(そのうち有料化orクローズしちゃうかも。出版化予定。)

WE|Oshanti Ali|note

 

 f:id:studio_pikake:20160715152012j:image 

 

次回予告(の予告)

今回16人でやった「みんなで心にきく」っていうやつが、

あまりに面白すぎる。

これは一度限りで終わらせるのはもったいない!

むしろこれを流行らせたい!

 

普段リベレスタでやってる「心にきくワークショップ」ね

これもとっても知的好奇心がガンガン刺激される

閉じてた扉が開いちゃう面白ワークショップなんだけど

結構、専門的ではあるの。

 

もっと遊び感覚でできないかな〜

まずは、ただやってみるだけでいいんだけど〜

って思ってた。

 

そう、まさにこれだ!

 

ということで、またやります。

まだ何も決めてませんが・・・

 

決まったらメルマガでご連絡するので(ブログでも書くけど)

確実に情報ゲットしたいかたはこちらにジョイナス!

 

【無料】リベレスタのメルマガ登録フォーム

 

f:id:studio_pikake:20160715152536j:image

 

 

マハロ!