読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

「羨ましい(妬ましい)気持ち」を直視すると自分の理想が見えてくる?

最近子宮委員会のはるちゃんの本を読んで、今はるちゃんが羨ましい。

同じような感じで、心屋仁之助さんも羨ましいし、happyさんも羨ましい。

あとあと、本田こーちゃんも羨ましい。

 

まだあと何人もいるけど、まあ、そんな状況なんです。

 

happyさんのことは、ゲス夜会というイベントの開催レポートで知ってつい昨日初めてブログを拝見しました。ゲス夜会とは、happyさん主催のhappyさん・はるちゃん・仁さん出演のトークショーでなにやらすごい会だった模様。

f:id:studio_pikake:20160327114733p:plain

(画像ははるちゃんのレポート記事から転載:

【ゲスレポ♡】いつのまにか大きなステージに立ってた。|子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba) 

 

 

仁さん(何気に初めて愛称で書いてみた)のことは前から知ってて尊敬してたし

はるちゃんのこともたまーにブログで読んですごいなあと思ってた。

 

けど、その気持ちの中にちょっと心地よくない感情も入ってる感じだったからか

その感情はなんとなくあまり注目しないようにしてたんだけど、

やっぱり注目することにしてみます。

 

・・・あれ、なんで注目することにしたんだっけ?

自分の心を生きる第51歩〜パズルのピース集め〜|Happyオフィシャルブログ「世界は自分で創る」Powered by Ameba

 

happyさんのこの記事で、以下の今をときめくみなさんの過去記事が引用されていて、

彼らがやりたいことをやりたいと言ってきたことや、

彼女が彼らの姿をしっかり見ているということがわかって、

その素直さが私にも伝染したのかも? ありがたや〜 ^^ 

 

今をときめく
 
心屋仁之助さん
さとうみつろうさん
子宮委員長はるちゃん
 
現在を見れば、全て形になってしまっている”それ”のまだ芽すら無かっただろうタイミングで彼等もBlogに自分の未来を描かれてるんですよ~(^-^)
  

 

 

すごいな、尊敬するな、と思う人はたくさんいる。

例えば、オリンピックのどの選手のこともすごいと思う。

でも別に羨ましくはない。(そんなに運動しないし、勝ちたいと思わないし)

 

 

でも、上記の彼らのことはすごいと思う&羨ましい(=妬ましい)

それは自分と彼らを比較してるからなんだと思う。

つまり同じ土俵にいる認識をしていて、ライバル視していて、自分もそうなれるはずなのになれていないということから、嫌だな、と思う気持ちが湧いているんじゃなかろうか。だから・・・この気持ちを封じることは自分のこうありたい、という気持ちを封じることになっちゃうのかも? そりゃー もったいない!(笑)

 

 

先日こんな記事を書きました。

「この人すごい!」を連発するイタさ。 - しきたんの自由なブログ

要約すると「比べたがりの人(=私)が、他人のことをすごい!って思うと自動的に自分を下げることになっちゃいがちだから、他人のことをすごい!って思ったら自分のことも褒めようと思う」みたいなことなんだけど、やっぱり訂正するわ。

他人をすごい!(そして羨ましい!)と思ったら、

自分もアゲるとかじゃなく(=また自分を下げちゃったとか、比較しちゃった、とかの罪悪感から逃げるんじゃなくて)

なぜすごいと思ったのか、その気持ちに浸ったほうがいいのかもしれない。

 

 

 

 

で、そういうわけで(前置き長かった。)彼らがなぜ羨ましいのか?

と考えてみた。

 

 

注目を浴びているから?

 

お金が儲かってるから?

 

本を出して、しかも売れてるから?

 

 

 

なんか、どれもそうかもしれないけど、なんか違うんだよね〜

ってところでずっと止まってたんだけど、さっきこれを思いついたのです。

 

 

わかった。

心の底から楽しんでるからだ!

何かの代替としての、妥協的な楽しさじゃなくて、

本当にやりたいことをやり抜いてるっていう楽しさ、満足感があるんじゃないかって思っていて、私はそれを心から妬んでる。

 

(それをパートナーのみくに話したら、「つまりその人の”あり方”が羨ましいんだよね?」と言われた。その通りです!!)

 

色々と夢を叶えたり成功したりしたその根本のところの、

自分自身の価値を認めたこと。

自分自身を信じきったこと。

何をやるとかやらないとかじゃなくて、

自分のありかたを変えられていることが羨ましい。

それがあって初めて「心の底から楽しむ」ことができるんだと思う。

(私の想像に過ぎないのですが) 

 

 

たしかに、

単なる注目を浴びてる芸能人とか(←失礼。私がよく知らない芸能人って意味ね。)

単なるリッチな人とかも別に羨ましくない。

 

  

 

これは余談ですが、不思議なことに、

彼らへの羨ましポイント(=心の底から楽しんでる)がはっきりしたら、

 

注目を浴びているから?

お金が儲かってるから?

本を出して、しかも売れてるから?

 

って部分も、こりゃあやっぱりそうなんだろうな、って思えてきた。笑

私も注目浴びたり設けたり本出したり(売れたり)したいわ。

 

 

 

感じることを感じなかったフリをするのってどうよ、ってずっと思ってたのに

やっぱ感じないフリやってたんだな、と思う。

 

注目を浴びたい←いや承認欲求のために私はもう動きたくないし・・・

お金を儲けたいし←お金も儲けたいけどそれは付随的なものであって・・・

本を出して、しかもたくさんの人に買われたい←そもそも書く内容もないでしょ?

 

みたいな。

ほんとは思ってるのに、思ってない理由をつけてなんとなく否定してきた。

 

 

自分の気持ちを受け入れられないのって

心の底で何が楽しいのかっていうのもわからない状態なわけで

自分がおーるおっけーになってないあり方なわけで、

その状態で心の底から楽しむなんてできない。

 

 

 

とにかく、

まずは何をやりたいか(DO)じゃなくて

どうありたいか(BE)。

 

私は、自分が生きてるだけでほんとに全部おーるおっけー!っていうありかた

になりたい。

 

 

だからとにかく自分は自分が感じてることを感じられるようになる!

 

4月頭にカウンセリングも予約した!

話はそれからだ〜!!!!

 

 

この文章わかりづらいけど書いときたいから書きました。

ごめんなさい!(いや、謝る必要もないか)

たぶん似たことこれから書くけど、それも気にしないぞー!

 

 

 

とにかく、明日は羨ましい人の一人、

『電波妻』のTAIZOさんのイベントに行ってくるのだ〜〜!

楽しみ!

 

電波妻

電波妻

 

 

 

 

ドヤァ(`・ω´・)+ ☆彡.。.:*

 

 

 

 

マハロ〜♡