読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

「プロブロガー」は営業職、「作家ブロガー」は非営業職。

はろー。

最近読んだ2冊の本の著者さんが二人とも「作家になりたかった(で、なった)」と言っていて、もしかすると私も作家になりたいのかもしれないな、とか思いました、しきたんです。

 

 

書きたいけど、売りたくない!

f:id:studio_pikake:20160322223002j:plain

一ヶ月ほど前、ブログのアフィリエイトで生計立ってる友人に、アフィリエイト記事の指南的なことをしてもらうという貴重な機会があって、ちょっと本気でアフィリエイト記事を書いてみて分かったことがあります。

 

書き方のスキルじゃなくて、

これは心持ち的っていうか基本的なことなんだろうけどね、

 

 

(あ、これ営業じゃん・・・!)

 

 

この記事は、直接的であっても遠回しでも、購入への「説得」なんだと初めてはっきりわかりました。笑

 

普段のブログ記事書いてる時は、

過去の自分に対して書いてたり、誰か対象者一人いる場合もあるけど

大抵は自分の思考をまとめただけっていう感じ。

(響く文章書く場合は対象者がいたほうがいい、とか言われますけど、

まああんまり気にしてません)

 

でもこのときは、パソコンの向こう側にいる

見えない購入検討者さんが見えた気がした。

昔、アポでお客様を目の前にしてトークしてたときと同じ感じ。

 

書きながら、

(もういい加減買って使ってみてよー)

(とにかくすごく良いんだからさー ニュアンスでわかって)

みたいな気分になってきた。笑

 

 

私、「営業」ってすごい苦手なんですよ。

 

会社で営業職してたとき、売れないのは自分や商品に自信がないからかな、って思ってたけど、今は前よりは自分に自信あるし、なにより自信をもっておすすめしたい商品について書いてるのに、やっぱり楽しくなれない。

 

私は人にいい顔したがるけど本質的には自分勝手だから、

やっぱり人が満足するとか幸せになるとか本当は結構どうでもよくて

自分が楽しければいいや、みたいな感じなのかなあ。。

 

自分が楽しんでたら勝手に売れちゃった♡

みたいな展開は、もしかすると今後あり得るのかもしれないけど(願望)

この商品を売ろう、と考えて、売る、ってことが苦手。

 

とにかく、どうやら私は文章書くの好きだけど、

何かを売るための文章を書くのは好きじゃないらしい。

 

そうか私は知らないうちにまた営業ワールドに足を踏み入れようとしてたんだ、

ってちょっとした衝撃だったのです。

 

  

「プロブロガー」(※)は営業職、

「作家ブロガー」は非営業職。

 

f:id:studio_pikake:20160322223633j:plain

※ブログを1円でも「広告でマネタイズしたい」と思っている人、というイメージで使っています。私もアドセンスいれてるけど正直どうでもよくなっちゃったので、さすがにどう範囲広げてもプロとは到底いえない領域。

 

私のアフィ記事を見てくれたプロブロガー(プロアフィリエイター?)の彼の経歴をよくよく見てみると、以前は会社で営業してて(しかも歩合で)すごい売ってるんですよね。他にも、プロブロガーな人のブログを見てみると営業という経歴がちらほら垣間見えることが多々。

 

そう、パソコンに向かってキーボード売ってる、と思いきや、

プロブロガーな彼らは向こう側にいるお客さんに向かって語りかけているのですね。

私にはない営業マインドがそこには輝いているのです・・・!

おそらく、特に意識することもなく軽やかに発動する営業マインド・・・

だからアフィ記事書いてて楽しいし売れるんだろうなあ。

これはもう適性なんだと思う。

もう、どんどん売っちゃってください!^0^

 

 

私みたいな、書きたいけど売りたくない、みたいな人が

彼らの真似しても売れないし、何より楽しくない。

彼らがプロブロガーなら、こっちは作家ブロガーとでも言っておこうか。うん。

とりあえず言葉はでかく使っておこう。

 

ものを売るための文章なんじゃなくて、

文章そのものが商品(作品)なんだよね。言ってみれば。

何も売りたくない。誘導もしたくない。

ただ自分の考えやら感想やら妄想やらを純度高く綴っていたい。

その文章を売るっていうなら、誰か私の代わりに売ってきてほしい。

 

あれ、それって「作家」って言うんですよね?

(いや、ライター?エッセイスト?コラムニスト?評論家?まあいいや、そのあたりひっくるめて、作家ということで)

 

私は「作家になりたい」とか言う人のことを

ちょっと小バカにしてたとこがあるんですが、

これはもう自分が「作家」を羨ましいと思ってたからとしか考えようがないかも・・・

 

 

あー、そうか、「作家ブロガー」系の人、

あるいは器用な人で「プロブロガー」でもあるし「作家ブロガー」でもある、

みたいな人が、noteに熱狂してたわけですね。納得。(今更w)

あれはネット版の、しかも自費の必要無い自費出版なんですよね。

 

 

だからといって自分はまだ何書きたいんだかは良くわかりませんので

これだ、と思うのが来るまで、

この自由なブログでつらつら書き散らかすことにしますw

 

 

 

ちなみに冒頭で触れたのはこちらの2冊。

どっちも面白かった!感想文書きたい。 

決めた未来しか実現しない

決めた未来しか実現しない

 

 

電波妻

電波妻

 

  

 

 

マハロ!