読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

あなたに問い合わせが来ないのは・・・題して「ゴム美」状態!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!^^

 

しっかし、「その存在」への質問・相談がまだ1通もこないな〜・・・♪

イベントの方は6名の方にお申込みいただき(お問い合わせいただいた皆様、ありがとうございます)2名キャンセル、結果4名です。うーん。なぜだ。・・ということで、そのことについての相談をしてみました。

 

し:リベレスタのイベントや質問に、応募(問い合わせ)がほとんど来ないのはなぜでしょう?できれば多くの方に連絡をもらいたいのですが・・・。

 

そ:・・・・(無言)

 

し:えーと、つまりですね、先日このシーグラスを見つけるコツのお話はシーグラスに限ったことじゃなく、イベントに来てくれる人とかとの出会いも同じかも!と気づいたんですね。てことは、やっぱり、もっと楽しんでいれば、問い合わせはくるのでしょうか?

 

そ:待っていてください。焦らなくて大丈夫です。今仕掛けているもの以外でもいろいろ動くので、もっと俯瞰的に見てください。認知されていくプロセスは、必ずしも自分たちから輪を広げていくことだけとは限らないのです。

 

し:待つにあたって、何か意識した方がいいことはありますか? 質問がくる仕掛けを考えたりするのか・・あるいは、普通にブログ更新して海にいったりご飯たべたり・・という日常生活だけでいいんですか?

 

そ:特に意識して何かしないといけないことはありません。そうですね・・・工夫したければ、楽しんで工夫してください。今のように焦って「ほとんど来ていない!」という気持ちで工夫しないでください。ブログに質問は来ていませんが、実際は、読んでくれている人はいますよね?

 

し:たしかに。それはその通りです。

  

そ:突然ですが、『ピュー!と吹くジャガー』のゴム美さんというキャラクター、わかりますか?みんなで「草原のさわやかハンバーグ」という、う◯こ風のハンバーグなどを開発した回です。学食で料理を作っているゴム美さんの、作り手の熱意がものすごくて、お客さんが引いている様子がよく描かれているのですが・・・

 

f:id:studio_pikake:20160102164415g:plain

(画像元:http://www7a.biglobe.ne.jp/~piyopi-yo_piyohikodo/gomumi-2.html

 

し:ごめんなさい、その巻たぶん読んでません。。 

 

f:id:studio_pikake:20160102164520g:plain (←草原のさわやかハンバーグ)

(画像元:http://www7a.biglobe.ne.jp/~piyopi-yo_piyohikodo/gomumi-2.html

 

そ:つまり、しき・みくが、「お客さんこないかな〜」と、目をギラギラさせながら見張っているようなイメージなのです。二人とも、これがすごくやりたいことだから、絶対やるぞ!と、肩に力が入っているのです。気負いが感じられます。

「あれ、これなんだろう?」と近づいてくる人が、「誰かこっち見てる〜!」と引き返しちゃう、というようなシーンがあるのです。(笑)二人ともマジメなのです。気さくな感じが、でていません。

いい加減な人の安心感、と言いますか・・・ちゃらんぽらんに? やってるよ〜 おいで〜 みたいな、無邪気な感じ・・・子どもみたいな・・・。

これは、二人が気さくではないということではないんです。二人ともちゃらんぽらんで子どもな部分はたくさんあります。ポイントは、どういうエネルギーを出すか、ということです。

 

し:具体的に、どんな時のイメージですか? エネルギーと言われてもイメージができないんですけど・・・

 

そ:二人でたわいもない話で笑っているような時です。このバナナクッキー、干し芋みた〜い!と言っているような・・・

 

し:うーん。Facebookで気軽にいいね!できる投稿の雰囲気、みたいなことですか?

 

そ:そうです、その微笑ましくて、適当で、安心する、その雰囲気、エネルギーです。裁きも制限もない、その感じです。

 

し:あ〜 その気軽な感じ、たぶん、私苦手だな〜。どうすればいいですか?できるかもしれないのか、苦手ならやらないほうがいいかもしれないし・・・

 

それ、かなりのオープンマインドなスタンスをイメージしちゃうんですよ。もっと私のそばに来ていいよ〜 みたいな。それ疲れちゃうって思っちゃうんです。家を全部開放してお店オープンしちゃうよ!みたいなのできないんです。

  

そ:その発想もまさにあなたのマジメなところです(笑)構えてしまっているのです。そんなに「家を解放するくらいオープンに、しかも24時間やらなくちゃ!」みたいに思わなくていいのです。たとえば1度やるだけだって、いいんです。

これはダメ出しじゃないですよ。今のやり方がダメだ!と言っているわけではないのです。絶対オープンにやったほうがいい!ということではないんです。あなたの質問を受けて、それではもう少し、このようにしてみてはいかがですか?という提案です。マジメに受け取りすぎないでください。

 

し:しきたんの自由なバースデーパーティーは、なかなかプライベート感あっていいかも?このイベントはほんとにフランクで楽しいイメージです。

 

そ:そんなイメージですね。あるいは先日企画した対談イベントなど、趣味の延長のような感じで、友達をたくさん呼ぶような心持ちでやるといいですね。

 

し:なるほど。たしかに。位置付けとしてリベレスタの1企画でもあったけど、同時に私自身がこれはすごくいい!と思って楽しんで、だからこそ人を呼びまくりました。

でも・・・だとしたら、今回のイベントも質問募集もそういう気分だし、同じだと思ってるんですけど。

 

そ:・・・残念ながら、同じようには伝わっていないのではないでしょうか。硬さがあるのです。

 

し:もう少し具体的に教えてもらえますか?「硬さ」とはなんなのか・・・。

  

そ:キチっとしすぎている会計士と付き合いづらい、という感じです。気負っているのです。あなたも、マジメすぎる人と接するときには、自分のなかのいい加減な部分があぶり出されてしまいそう、みたいに感じることがありますね。そんな感じなのです。

 

し:もっと自分がだらしなくなればいいのか・・・!?何か趣味のように・・・・!?

 

そ:今のあなたには楽しさがないですね? 質問が来ない・・・ああでもない、こうでもない、と考えていて、正解を探そうとしているように見えます。ただ楽しくやればいいんです。

  

し:うーん。たとえば、今度のイベントを食事つきにして、1日がかりのイベントに変えて、他の事業者の人も一緒にやったりして・・・そのほうが楽しいかも!?

 

そ:そうですね。何か楽しいものになったらいいですね。コラボレーションするなりなんなり・・・今は、せっかくの楽しそうな雰囲気がなくなってしまっているのです。

 

し:そうか!自分が楽しんでれば、気負う必要はない!

 

そ:そうです。

 

し:自分が楽しくないところまで、楽しいかのようにやろうとすると気負いが生まれるのかもしれない。本当に楽しいものだったら、ためらうことなく表現できます。

 

そ:そうですね。

 

し:そういえば、以前開催したイベントの感想アンケートでも、私たちの主催の姿勢がとても心地よかった、というコメントを何人もにもらいました。それはきっと、自分たちがずっと楽しみながらやっていたからなんだ。

 

そ:それ以上でもそれ以下でもない、ということですね。その状態では、質問がこないとか云々ということも気にならなくなってしまうのです。

 

し:とはいえ、今回も確信はあるんですが・・・でも、席が埋まらない現状を見ながら、「ああ席埋まらないな〜(しょぼん)」と思ってしまうんですよね。そこまでして人を呼び込むか?というとそうじゃないし、でもほっといたらほっといたでつまらない、という気持ちです。

 

そ:わ〜っとあなたのテンションが上がるようなことをやったらどうでしょう。

 

し:はい。やっぱり・・・企画をもう組み替えたほうがいい!せっかく会場借りてるんだし、ちょっとやってみようかな。

そう考えると・・・ワクワクしてきた!

 

 

ーーー

 

そういうわけで、1/11(祝)の企画をリニューアルしました!

詳細はこちら。

 

studio-pikake.hatenablog.com

 

 

マハロ〜!!

 

 

*News

一人一人の刷り込みを明らかにし、本当にやりたい行動の後押しをする「個人リベレーティング」と、新しい価値観で生きていきたい人の為のお話会「リベレスタの自由なトークタイム」を開催中です。追加で、みんなが自由な価値観でお話しできるカフェ、「カフェ リベレスタ」も開催決定しました!

メニュー詳細はこちらです。

お問い合わせ・ご予約は、00shikitan00@gmail.comまでご連絡ください。

 

◉カフェ リベレスタ

1/11(祝)@東京 駒場東大前

1月11日(祝)1日店長やります、遊びに来てね!(カフェ リベレスタ) - しきたんの自由なブログ

◉超短期解決!個人リベレーティング liberate:自由にする、解放する

「今考えなくていいこと」や「迷いのポイント」を明確にし、大胆に踏み出したいあなたの行動の後押しをする60分。 みく・しき・その存在のチームでお聞きします。

リベレスタの自由なトークタイムの開催前後に同会場内で行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日程 1/14(木)*予約済み・キャンセル待ち受付中*

時間 15:45-16:45

料金 25,000円

場所 ラディアン ミーティングルーム1 (JR東海道線二宮駅 徒歩7分)

アクセス   アクセス/二宮町ホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日程 1/18(月)2名様限定

時間 11:30-12:30 / 15:45-16:45

料金 30,000円

場所 magari(駒場東大前駅徒歩3分、渋谷駅徒歩15分)

アクセス  http://cafe-magari.com/komaba/access 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉リベレスタの自由なトークタイム(各回6名)

今までの社会・常識から、外れちゃいたい方々と、外れちゃった方々で、新しい自由な世界を一足先に体験しちゃいましょう。普段話せないこと、聞けないこと、言いにくいこと、たくさんお話しできます!(笑)もちろん「その存在」もいるよ☆

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時  1/14(木)13:30-15:30 

料金  3,000円 

定員  6名 ※残席3名

場所  ラディアン ミーティングルーム1 (JR東海道線二宮駅 徒歩7分)

アクセス   アクセス/二宮町ホームページ

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時  1/18(月)13:00-15:30 

料金  5,000円

定員  6名 ※残席5名

会場  magari(駒場東大前駅徒歩3分、渋谷駅徒歩15分)

アクセス  http://cafe-magari.com/komaba/access 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

しきたん / 原口色(Shiki Haraguchi)

Facebookhttps://www.facebook.com/shiki.haraguchi
Twitterhttps://twitter.com/00shiki00
mail :00shikitan00@gmail.com

↓ しきたんの詳しいプロフィールはこちら ↓

しきたんの自由なプロフィール - しきたんの自由なブログ