読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

対談イベント運営終了後けっこう凹んだけど、一人反省会をして楽になった話

イベント企画 プチ移住(二宮)

ぶっちゃけ、今回いろいろとありました。

関連記事(このイベントの運営のお話)

 

まあ、イベント運営って常にいろいろあるものですよね。笑 

ただ私、完璧主義な性質があるので前からイベント終わると結構しんどい。

何がって、いろいろ後悔して、ああまたできなかったと思って、まあでも次に生かそう、とか思って。無理やりポジティブになるのって結構しんどかったなー・・・

苦しい思いも苦しい思いもどこかに無理やり押しつぶすっていうのは・・・

 

今回、イベント当日夜に一人反省会をしてみたら、そのしんどさが嘘みたいになくなった!というお話。

 

がっつり書くと、今回こんな感じでございました。

 

<イベント運営について>

スマナサーラ長老や日本テーラワーダ仏教協会の皆様が予定より30分ほど早く到着し、待っていただく場所がないのでスタッフランチをしていた店に誘導し、移動していただいた。(それで、スタッフへの説明時間がなくなった)

・ 当日の電車の二宮駅着時間をチェックしていなかった。(つい東京感覚でいつでも電車来ると思ってた)その結果、スタッフが会場に入る前に多くの参加者のみなさんが到着。場所も狭いのでそのまま待っていていただくことはできず、何も設営していない会場に入っていただき、設営も手伝っていただくことに。

・機材の不具合で開始前BGMとしてCDを流せなかった。(体育館の殺伐とした雰囲気の緩和のためハワイアンミュージックを持ってきていたのですが・・・)

・懇親会の手配が不十分で、人数不定のまま当日となり忙しく連絡できないまま、希望者合計7名で店に行くとなんと最初伝えていた最大人数の30人分の料理が・・・!

 

<対談内容について>

・かなり1問1答形式に近くなってしまい「対談」とは呼びづらいものだった。(記者会見みたいだ、という意見も会場でいただいたり、複数の方からアンケートでもっと「対談」が聞いてみたかったという意見をいただくことに)

・場を温める意図で、事前に質問を集めてそれをネタに話をしていく方式にしていたところ、スマナサーラ長老への質問がほとんどを占めていた。それをそのまま坂爪さんにも同時に聞く流れを作ったところ、けっこうギクシャクしてしまった。坂爪さんのお話をうまく引き出せなかった(私の振りが雑で坂爪さんを困らせた、に近い)

事前にその長老への集中傾向がわかっていたのなら他にやりようがあったのでは?(アンケートで、二人の共通項、関連事項をもっと事前にチェックしておくべきだったのでは、というご意見も)

・事前に集めた質問への回答で半分強の時間を使ったこともあり、参加者の皆さんとのインタラクティブなやりとりではなく、わりと一方的な進行になってしまった。

 

 

 

そういう感じだったので、例によって、イベント終了後は達成感もありながら正直、悔しい気持ちの方が大きかった。

 

 

ああ、もっとこうしていれば、ああしていれば、

事前にこれをやっていれば、これじゃなくてあれにプライオリティを置いていれば、

この点に気づいて手を打っていれば、

もっと素敵なイベントになったのに・・・

 

せっかく、ゲストのお二人と100名もの方が、大量の時間を使って二宮に来てくれたのに。参加者の方は3000円もの参加費を払っているのに。

私の力不足のせいで、場を充実させきれなかった・・・

こんなに頑張ったのに、すごく悔しい、残念すぎる、苦しい、・・・

 

 

 

 

 

 

でもその苦しい気持ちって、

まさに私の「こうあるべき」という執着が生み出したもので、

それを取り除いて見ると、全てなるようになっただけなんですよね。

執着があるから苦しくなっちゃうんですね。 

 

参考記事(まさにこの対談イベント当日の学びが、そのまま生きた!)

キャリアを超えて生きていく:執着を手放し、挑戦し続ける - しきたんの自由なブログ

 

 

自分の「こうあるべき」から離れて現象をよく見てみると、

電車の到着時刻が早かったからみなさんが早く到着しただけ。

機材が不具合で音楽がつかなかっただけ。

懇親会のお店に連絡できてなかったから、事前に伝えた最大人数で食事が用意されていただけ。

事前質問制にしたから当日質問が少なくなっただけ。

参加者交流や参加者からの意見出しよりも二人の対談を重要視したから、参加者にスポットライトが当たらなかっただけ。

あえてスマナサーラ長老と坂爪さんでこういう話をしてもらう、みたいな台本やヒントも仕組まずに行ったところ、たまたま、想像したような対話にならなかっただけ。

 

 

そのこと自体には本来、良いとか悪いとか、なんの意味もなくて。

私がこうあってほしい、あれもこれもうまくいってほしい、という気持ちを持っているから、思い通りにならなかったと言って苦しい思いが生まれてしまうだけ。

 

 

そう思えた時、すっと楽になりました。

ネガティブな苦しい感情が消えて、清々しささえ漂う気分に。

 

そりゃ、みなさん早く着いちゃうわ!笑

そりゃ、対談が一方的にもなるわ!笑

そりゃ、30人分の料理用意されちゃうわ!笑

 

私が結果を拒否していただけで、極めて自然なことだったんだなー。

その当然の因果を自分の力でどうにか「成功」させたかったのに・・・、っておこがましくさえある。むちゃくちゃですね。

 

今回、そのことに気づけたことだけでもすっごい収穫。

 

これからも、なるべく頻繁に自分の執着に気づいたら手放して、その代わりに昨日より今日、今日より明日を少しでも「マシ」になるように挑戦してみよう。

 

そんな、楽な生き方をしていこう。

 

今回のイベント実現にご協力いただいたすべてのみなさんに大感謝です。

貴重な時間を一緒に過ごしていただき、ほんとにありがとうございました^^

 

また面白そうなイベントとか思いついたら企画しますね!

今回よりちょっとだけ「マシ」な会になってるはず。笑

 

 

ちなみに、後ほど落ち着いて参加者の皆さんのアンケートを読ませてもらって感じることは、私は勝手にもう全然だめだった、みたいに思っちゃってただけで、概ねこれみんなにとって良いイベントだったんだ!!ということ。

改善点も書いてあるし、満足度が普通くらいの人もたしかにいる。でも、皆さんの書き方がとても親身になって書いてくれていたりして、また回答者数がとても多くて。私たちの思いにこたえていただいたように素直に感じられて、とても嬉しかったです。

 

 

 

え!?7人で30人分食べる!? ラストハプニング@懇親会。

f:id:studio_pikake:20151115232728j:plain

お店の方にもかなり怒られ、かなり謝り、かなり凹んだりもしたものの、参加者のみなさんの超ポジティブマインドと、駆けつけてくれた二宮町の友人おかげで楽しく収束☆

みんなも逆にこの状況を楽しんでくれて・・・ほんとにみんなありがとう>< 

良い思い出です。

 f:id:studio_pikake:20151115203431j:plain

 

 

いろいろあって、最高に充実した1日でした。

 

 

 

マハロ〜!

 

 

☆◝( •௰• )◜☆ 気軽にご連絡ください ☆◝( •௰• )◜☆

しきたん / 原口色(Shiki Haraguchi)

Facebookhttps://www.facebook.com/shiki.haraguchi
Twitterhttps://twitter.com/00shiki00
mail :00shikitan00@gmail.com
Schedule :https://goo.gl/HJWjH7

 

↓ しきたんの詳しいプロフィールはこちら ↓