読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

都会育ちの私が、ビビりながらも移住を決めた話

「都会を離れるのが怖い!!」

 

会社は意外と結構あっさり辞めたんです。

(関連記事:周りにどんなに迷惑をかけても、私は自分のために会社を辞める)

人に迷惑をかけながら辞めたのはかなり自分に相当負荷をかけてがんばった記憶があるけど、会社辞めること自体は私の中ではあまりタブー感がない。(すでに2回辞めてたし・・)まあ、次行けばいいし、と思っている感じ。

 

ちなみにパートナーは会社を辞めるということにすごいタブー感があったみたい。何が自分をこの地面に縛り付けるか、行動を規制しているのかって個人個人違うよね、と思う。

 

 

で、ここ最近、パートナーと「部屋が狭い」「混んでる電車が嫌だ」「東京から少し離れたい」という話をしていて、よさげな地域・物件を探していて、ついに見つかったのです。

 

 

海近! 自然たくさん! 戸建て! 築浅で綺麗!(私たちにとっては)広い!

f:id:studio_pikake:20150827175825j:plain

 ※写真はイメージです。(引用:お役立ち情報 - 結婚したら二宮に住もう!

 

内見して、たしかにすごく良かった。町の雰囲気もよさそうだし、不動産屋さんも地域密着で、ここで暮らすのは楽しそう。車があれば町の中でも、都心へ出るのも苦労なさそう。

 

 

結局その場では申し込みせず持ち帰ることに。

 

 

(※その後、保証人依頼で実家にこの引っ越しや近況を話しにいき・・・これはこれでひと騒動だったので別記事にまとめました)  

studio-pikake.hatenablog.com

 

 

見たときはよかったはずなのに、なぜか決められない。

なぜか、物件やアクセスの欠点ばかりが目についてくる。

 

 

壁に黒い縁取りがあって狭く見えるんじゃないかとか・・・

というか実際、もっと広くて同じ価格の物件が出るんじゃないかとか・・・

(そりゃ物件はタイミングなので待てば待つだけいろいろ出てくるけど)

やっぱり車ありきの生活は嫌だ・・・ もっと私は徒歩で行きたいとか・・・都内でも割と自然の多くて広くて安い物件はあるんじゃないかとか・・・

 

 

 

 

要するに、私は都会を離れるのが嫌だったのです。

 

 

 

なぜなら、私は・・・

 

■どこの団体にも所属せずフリー状態。定期収入(=給料)はない。

(まだ稼いでいないが下準備をしているという意味でアントレプレナー(起業家)ともいうけど、労働をしてお金を稼いでいないという意味でぷー太郎ともいうし、

■収入のめどがないなかで引っ越ししようとしている。郊外なので車も買うことになる。(総額100万弱かかる)

■新宿アクセス15分圏内から、小さな田舎町へ…。都心に行かないとお客さんはいないはずで、出来れば都内アクセス良いところにいたい。

 

 

いわゆる常識的には、この引っ越しは無謀なんだと思います。いや、私の中の常識が、これは無謀だよ、とずっとささやいていました。まずは仕事を安定させて、せめて半年くらい運営してみて出来そうだったら引っ越し、という順番だろう・・・実紅は「なんとかなるよ。まずは引っ越そう」というけど・・・。

 

 

「よし!もう決めた!ここに引っ越そう!」といったすぐ後に「うーん、でも・・・」を繰り返すたびに「しきは何がいやなの?」と実紅に言われ、黙り込み・・・

 

結局彼女に「このままなんとなくやってても、何も変わんないよ。ずーっと中途半端なままやってると思うよ」と言われ、反論できない。

 

 

 

まあ、要するに金なんだと思う。

オフィスもこれから探すっていうのに、今100万使いたくないって。お金を使ったらなくなっちゃう。お金をくれるお客さんに会うのに近い都会にいたい。

私は東京生まれ、横浜市育ち、東京の学校、会社に満員電車を耐え抜いて通い続けた人間です。私にとっては、会社を辞めても結局都会にいればフリーでも人に会いやすいし、最悪また就職すればいいんだし。っていうことになっていたんだと思う。

 

 

会社を辞めるより都会を離れることがこんなに怖いなんて・・・。

 

 

でも、だからこそ離れることにしました。きっと私はどこででもやっていける。都会じゃないと不安でやっていけない、ほかのすべてを諦めないといけない、そんな自分とはサヨナラしてやる!!

 

 

 

 

 

「すべてが青信号に変わるまで待つな」

 

金持ち父さんシリーズに出てくる、好きなフレーズ。

やりたいことがあっても、そのやりたいことをやった後のことが保証されていないと、いまやるべきじゃないんでは・・・と怖気づくときに有効なフレーズ。だって目的地へのすべての信号が青になる瞬間なんて無いのだ。笑

 

止まれ、と言われたらその時止まればいいわけであって、すでに青になっている目の前の道は進める、進むのは今なのだ、ということを思い出させてくれる。

 

 

今、引越して、車を買う分のお金はある。審査も通る貯金額がある。

なら、今、やればいいじゃん!行けばいいじゃん!

 

 

そういうことで、決めました。

神奈川県湘南地区の二宮という町に引っ越す!

( 9月下旬に越すことになりました)

 

 

 

横浜まで1時間、新宿まで1時間半ほど。実はそんなにビビるほどアクセス悪くない。笑

 

 

new-ninomiya.com

 

 

地元愛あふれるブログ。写真きれい!

plaza.rakuten.co.jp

 

 

いろいろと、楽しみです!!

 

 

 

マハロ~!

 

 

 

 

☆◝( •௰• )◜☆ 気軽にご連絡ください ☆◝( •௰• )◜☆

しきたん / 原口色(Shiki Haraguchi)

Facebookhttps://www.facebook.com/shiki.haraguchi
Twitterhttps://twitter.com/00shiki00
mail :00shiki00@gmail.com
Schedule :https://goo.gl/HJWjH7