しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

800字小説

『coda』

高校の卒業証書授与式。快晴。体育館の窓からは咲き始めの桜が見える。 「3組 40番 和森星羅さん」 返事がない。 「3組 40番 和森星羅さん、和森さん、」 突然警報機が鳴り、同時に「蛍の光」のオルゴール演奏が途中から校内放送で大音量で流れ出し、1番…

『秘密基地』

今日も川についた。やっと息が吸える。川といってもここは上流で、バーベキューなどは似合わない、大振りな樹や岩の息づく森といった方が良い。中学校から家までの徒歩25分の帰路から少しそれたところにある。

『503』

シンク横の壁に黒い影がひとつ。シミではない。

『502』

「ねぇなんでこんな時間にお皿洗ってるの?私もう寝たいんだけど」

『チンドン猫太郎』

電話だ。 スピーカーの音量を下げる。 妻からだった。 同窓会で遅くなるから友人宅に泊まるという。 もう21時だ。 持ち帰りの仕事になんとか片をつけようと、没頭しすぎた。

『明晰夢』(添削後)

僕の夢について、ですか。 そうですね、悪夢が多いのかもしれません。 幸せな夢の記憶は特にありません。 しかし、こんなことを聞いて、どうされるおつもりですか? あなたも、そんなことをおっしゃるのですね。

『明晰夢』(添削前)

僕の夢について、ですか。 夜見る方の。 はい。夢はよく見る方かもしれません。 色はついていることも、覚えていないこともあります。

『パナマ帽』

窓の外がのどかになるにつれ席が空き続け、ついに私も腰を下ろした。