読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しきたんの自由なブログ

思うことや感じることを、けっこう自由に書いてるブログ。

私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(3)支配を無効化する方法

こちらの続き、最終章行きます。 私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(1)何が何でも自分の気持ちを大事にする 私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(2)人には自由になる自由がある

私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(2)人には自由になる自由がある

この記事からの続きです。 私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(1)何が何でも自分の気持ちを大事にする - しきたんの自由なブログ

私を支配してくる親に借金を申し込んだ話(1)何が何でも自分の気持ちを大事にする

瀬戸際まできた。あとは飛ぶだけ(?)な状況になり、先日実家に相談に行きました。相談内容は「お金に困っているので、まとまったお金を貸してほしい」。 ↓実家と私についてのストーリー概略を簡単に記載しておきます。 私の実家は人並み以上には裕福だ。父…

さよなら、パパ、ママ。ザーサイ割り勘事件の巻

約半年前の書きかけだった文章を記事化しました。 ーーー 親のことを考えると脳内で裁かれまくるのがよく分かる、全身の緊張と血圧の低下(?)で肩と首筋が凝って仕方ない。しかしこれだけは書いておかねば私の気がすまない。。題して、ザーサイ割り勘事件…

瀬戸際まできた。あとは飛ぶだけ(?)

相変わらずのお金問題。 過去記事:お金の不安を、どうしたらいいのかわからない! - しきたんの自由なブログ

離陸するのか!?しちゃうのか!?過去を振り切り飛ぶ瞬間が、必ず来る

このブログ、しきたんの自由なブログって言うんだけど・・・ 一体自由ってなんだろう?

テレパシー!?母から電話がありました(驚)

先日のこの記事はしきたんの自由なブログ史上シェア数最大で、多くの方にアクセスしていただいているようです。ありがとうございます☆ ママ、自分の生活より大事なものなんてありえないんだよ。 - しきたんの自由なブログ 個別メッセやコメントもありがとう…

恐怖!私を引き摺り下ろしてくる両親との攻防戦

やっぱり親に正直に話してみよう。 先日「親に嘘をつきつづけるということ」という記事の中で以下のように締めくくったものの・・・ 私は、自分の心に嘘をつかずに生きるためには、これからも親にはいくらでも嘘をつきつづけようと思う。 家(賃貸)を引っ越…

親に嘘をつきつづけるということ

今週末に久々(といっても4ヶ月ぶりくらい)に親と会うことになった。 このブログで書いてあるほとんど全てのことについて親には話していない。3社目の会社を辞めたこと、パートナーとソーシャルスタートアップしていること、貯金は使い倒したことなどなど…

「私は(一発で)理解・共感しなければならない」という思い込み

先日ちょっと久しぶりにパートナーと口論になった。その原因を探っていったところ、また一つ心の癖を発見できたので文章にしておこうと思います。 まとめると・・・ =現象= ・彼女は彼女にとって重要な(共感してほしい)話をしていた。 ・しかし私はとん…

彼女が入院しても仕事を休まない。ワーカホリック絶頂期。(2社目、NPOカタリバ退職録)

社会貢献したい気持ちが強かった私は、2社目として大学時代にインターンでとってもお世話になった教育系NPO法人に入社し、3年間ほど勤務した。私には安定的なプライベートな関係性が無かったので、インターン時代もあわせると約5年もの間ここが私のホームだ…

もっと認められる場所に行きたい。(1社目、新卒入社。リクルートキャリア退職録)

私は大学卒業後3つの組織に入って、辞めてきた。それぞれの退社録を振り返って書いていこうと思う。自分の中で変わっていった部分もあるけど、ずっと引きずっている課題もあったな〜って思う。

私はこんなふうに育ちたかった! 2人の精神的貴族との出会い。

今日は私に取ってかなり刺激的な、2人の精神的貴族の見本のような方々に出会った。(ネット上で。) すごい。超やばい。超羨ましい! あーーー 自分もそんなふうに育ちたかったぜ!!! でもそんなふうに育たなかったから今自分を育てなおしてるんだってば…

精神的庶民と精神的貴族の分かれ道

昨日、経済格差や教育格差のみならず、「精神格差」といっていいようなものが存在する、という話を書きました。 精神的庶民階級(A)だろうと精神的貴族階級(B)だろうと、(もはや貧民と貴族と言ったほうがいいのかもしれないけど)自分の階級的なものを意…

正しさを求めずにはいられない

以前参加したイベントで心に残ったこと。 「私、これでいいんでしょうか」 という、質問をした人がいた。 その人は、意識的にかなりアクティブに刺激的な毎日を過ごしているのだけれども心の中は不安なんだという。これでいいのかどうか、コメントが欲しいと…